ホーム > 被害に遭ったら

被害に遭ったら

専門家に相談し、被害回復を目指しましょう

出会い系サイトやアダルトサイトの利用により、サクラサイト詐欺等の被害に遭われた方は、すみやかに専門家に相談し、被害回復を目指しましょう。

既に支払ってしまった料金等の返金を求めるためには事業者の名称、所在、連絡先等を把握しなければなりません。
被害に遭った出会い系サイトやアダルトサイトの情報が必要です。

悪徳事業者のサイトがいつまでも存在するとは限りません。
そこで、サイト情報を自分の電磁媒体に保存するか、プリントアウトしておきましょう。
画面を写真に撮っておくのも有効な手段です。

どのような証拠を残せばよいか

被害回復を求める前提として事業者に詐欺などの違法性がなければなりません。

  1. 事業者のサイト情報・利用規約・料金規定等、そして送受信したメールをできる限り自分の電磁媒体に保存するか、プリントアウト、写真で残しておきましょう。利用したサイト内の全ページのスクリーンショット(キャプチャ)を撮っておくことも重要です。
  2. 出会い系サイトやアダルトサイトを利用するようになった経緯を含め、被害の実態を把握しなければなりません。できる限り思い出して、メモや日記などの記録に残しておきましょう。
  3. 被害金額を把握しなければなりません。利用料など支払時の控えを探してみましょう。
    • 口座振込の場合は、金融機関発行のご利用明細など。
    • クレジットカード決済の場合は、クレジットカードの請求書など。
    • コンビニ決済の場合は、領収証や取扱明細など。
    • 電子マネーの場合は、利用済みの帳票や領収証など。

アダルトサイトの入会や請求の画面が突然表示されて、どうやっても消えない場合は?

このような場合、画面表示設定がシステム自体に食い込んでいるため、パソコンを再起動しても画面が消えないことが多いです。ウイルスによるものも多いので、セキュリティソフトのサポートに連絡して対処方法を確認してください。

また、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のサイトでも対処方法を紹介していますので、こちらもご覧下さい。

情報提供だけでもお待ちしています

貴方のほかにも多くの方が同様の被害に遭っています。
情報提供だけでも結構ですので、出会い系・アダルトサイト詐欺被害対策会議まで連絡いただければ幸いです。
貴方の被害情報が、悪徳事業者撲滅のための第一歩です!